【BTC】仮想通貨の王様ビットコインとは?ビットコインで出来る3つのこと

仮想通貨はすでに1000種類を越えていまして、今でも新しい仮想通貨が作られています。
その中でもビットコインは仮想通貨のベースになる価値を生み出しており、流通貨幣の中で米ドルに当たるものになります。
ビットコインはインターネット上で発行や取引がされ、普通のお金と同じように使うことができます。
お札や硬貨としてではなく、ネットのみに存在しまして、セキュアに取引できる技術(ブロックチェーン)が使われていることから「暗号通貨」とも呼ばれております。

今や仮想通貨は世界中で利用されており、現在は投資目的の利用が多いですが、確実に用途が広がり、さらにはビットコイン自体の価値が上がっています。

ビットコインでできることは、大きくわけて3つになります。

ビットコインでできること

1,投資
ビットコインの売買での利益を得る

2,決済
買い物やサービスの代金などにビットコインでの支払い

3,送金
誰かにビットコインを送る

1,投資 ビットコインの売買での利益を得る

ビットコインの利用で今一番盛んな方法です。
ビットコインを安い時に買い、高い時に売るのが一般的です。
ウェブサイトによってはFXと同等の機能をもっているのでショート(空売り)も可能です。

投資金額は100円ほどから可能ですので、株よりもかなりハードルが低く手軽に投資することが可能です。

国内における1日の取引額は100億円を超え、アクティブなユーザーは常時3000〜5000人と言われています。

口座開設数は30万を超え、これからもどんどん利用者が増えることは間違いないでしょう。

ビットコインの投資方法は至ってシンプルで、欲しい人が多ければ多いほど価格が上昇します。
株のようにファンダメンタルや外的要因の複雑さは無いので、ビギナーにはとても投資しやすい商品です。

2,決済 買い物やサービスの代金などにビットコインでの支払い

ビットコインでも代金のお支払が可能です。

電子マネーに似ていますが、ビットコインにはお札や硬貨といった実物がないので、取引所に口座を開いてビットコインを入れておきます。

デビットカードでは銀行口座から直接引き落とされますが、ビットコインの場合は開いた口座からビットコインが引き落とされます。

ビットコインも電子マネーと同じように、スマホのビットコイン用アプリを入れ、お店にある端末にタッチして支払うことも可能です。

まだまだ対応しているお店は少ないですが、着実に増えております。
ビットコインでお支払する時は、一瞬でお支払いが完了しますのでクレジットカードでのお支払よりさらに早くストレスフリーになるでしょう。

現在、世界で最大であるAmazonの北米ではビットコイン決済も導入され、これからクレジットカードに代わる決済手段になっていくかもしれません。

3,送金 誰かにビットコインを送る

ビットコインは銀行のように他者に送ることも可能です。

海外、国内共に手数料がかなり安いので、現在重宝されています。

例えば、あなたの家族が海外に留学して毎月10万円送金する場合、銀行を利用すると、送金側と受取側の両方共に手数料が取られまして、5千円を越えることは珍しくありません。

10万円送金で5千円の手数料ですと、送金額に対し5%の送金手数料がかかりかなりバカバカしく思えます。

しかしこのビットコインを利用すれば、手数料は激安になります。

方法も難しくなく、オンラインで全て解決することが可能です。

まずあなたが日本の仮想通貨取引所に口座を開いてビットコインを購入。

送金先である家族が現地の仮想通貨取引所で口座を開きます。

あなた自身の口座から家族の口座へインターネットを利用してビットコインを送金。

ビットコインを受け取った家族は、現地の通貨に取引所でビットコインを売却すればいいだけです。

文字にすると大変なフローに感じますが、実際にかかる作業は数分程度です。

さらにかかるコストは、数十円から数百円なので利用しない手はありません。

また送金される速度もかなり早いです。

銀行での海外送金ですと中継地点などもありまして、到着するのに1週間かかることもよくあるかと思います。

その1週間の期間が数分に短縮され、さらに手数料も格安です。

の関連記事

コメントを残す