【BTC】アメリカの若者、ビットコインへの投資意欲高まる

アメリカの若年層、ビットコインに対する興味の増加

オンライン学生ローン市場データ調査を行うLendEDUは、アメリカの若年層の消費者は、ビットコインの投資に対して興味を抱いている、と発表しました。

Lend EDUの調査で判明
その調査は、8月にオンライン上で、アメリカ国内から1000人が参加して行われたものです。「ビットコインを聞いた事があるかどうか?」という基本的な質問を含むものから多分野にわたるものでした。そして、その調査結果では、およそ78%が、ビットコインを聞いた事がある、と答えています。

18歳から34歳の投資意欲は高い傾向

LendEDUの調査によって、以下の事が判明しました。調査データによると、18歳から35歳の若年層は、35歳以上のグループよりも、ビットコインの投資に興味関心がある、と言っています。

18歳から24歳までのグループでは、35.9%がビットコインの投資に興味を抱いており、43.5%が「興味なし」、20.5%が「よくわからない」、といった回答結果になりました。25歳から34歳までのグループでは、「興味あり」と回答したのが40.4%にまで上り、31.7%が「興味なし」という回答結果に至りました。

比較すると、45歳から54歳までのグループで10%を超える者が、ビットコインの投資に興味を抱いている、と言っています。55歳以上のグループでは、「興味あり」の回答が5%を下回る結果となりました。

LendEDUは、「ビットコインが若年層の消費者に対してより大きな広がりを見せることになるだろう」と述べています。

「このデータから判断するに、数年後には若者たちの時代になり、それに合わせてビットコインがアメリカにおいて大きな流行をみせるだろう」とも、述べています。

参考URL: https://www.coindesk.com/survey-younger-americans-likely-invest-bitcoin/

の関連記事

コメントを残す