【BTC】ゲーム会社Nexon、8000万ドルの株を韓国ビットコイン取引所Korbitで購入

韓国の仮想通貨市場

KorbitとNexonの関係とは…?

韓国では、仮想通貨市場への関心が高まっているようです。

ビットコインと仮想通貨量におけるグローバルリーダーとしての韓国取引所であるKorbitは、パソコンや携帯ゲーム会社Nexonが、Korbitの管理権獲得の株取引合意に契約した、と伝えています。

韓国新聞紙のハンギョンによりますと、Nexonは、韓国ウォンで913億の価格で、Korbitの65%の株購入の合意に至ったようです。(約8000万ドル円)

コインマーケットキャップのデータでは、Korbitは約11,500ビットコインをデイリートレンディングで保有しており、国際的なビットコイン取引量では、15番目の位置につけていたようです。

その証拠に、国内利益は法人企業にまで拡大しています。例えばNexonが、ビジネスの多角化のためにKorbitを獲得したことは、その会社が来たる数年間でブロックチェーン市場の急速な成長を信じている、ということが見て取れます。

今週のニュースでは、携帯アプリメーカーのDunamuも同様に、ブロックチェーン市場への参入を図っており、アメリカの取引所Bittrexと共同事業の新取引の開始を発表しました。

1995年に設立され、アメリカをベースとするNexonは、大規模なマルチプレーヤーオンラインロールプレイングゲーム(MMOPRGs)と、インターネットクイズゲームを専門に扱い、ゲーム内での購入にマイクロトランザクションを使用する製品を提供しています。
参考URL: https://www.coindesk.com/gaming-firm-to-buy-80-million-stake-in-korean-bitcoin-exchange-korbit/

の関連記事

コメントを残す