【BTC】ビットコインの価格は景気回復の起爆剤になる…?

ビットコインの価格

中国の取引禁止と関連する…?

途中で別の障害が発生すると、ビットコインの価格がブレイクアウトへ向かう可能性があります。

投資家への注意点として、ビットコインの米ドル為替レートが、下降トレンドラインのハードルを超えました。コインマーケットキャップによりますと、過去24時間で、仮想通貨は4.72%も上昇しています。プレス時に、ビットコインの米ドルは3.950ドルで取引されています。週に1%増えてはいますが、それでも月に9%減ということになります。

最近のビットコインにおける価格変動は、主に、投資家が中国のビットコイン取引の行方を傍観していることによるものでしょう。公式には言い渡されてはいないものの今月突然起こった中国の取引禁止は、一時的なものかもしれないという憶測がすでに広まっています。

しかしながら、ビットコインが下降トレンドラインのハードルをつき破ったというこの事実から、投資家が中国の取引禁止のニュースに関して続報がないことを良い便りとして捉えているのだということがわかります。

また現在のところ、価格行動分析家は、強気買いをより好んでいるということが、以上から読み取れます。


上のチャートでは、トレンドラインが9月2日の高値と、9月8日の高値から下がったトレンドラインが破られています。それは、より低い高値パターンの終わりを示しています。

昨日述べたように、その動きというのは先週の強気な反転と、高低パターンに信頼性を加え、4200から4300ドルへの扉を叩くこととなりました。


トレンドラインハードルの上の方にあるブレイクは、RSIの売りすぎを受け100日移動平均から、7月のパターンを繰り返すビットコインの確率を高め、続いて高値を記録しました。

強気筋の予想を裏切ることができるのは、月曜日の低値である3669ドルを下回った日の終末のみです。

の関連記事

コメントを残す