【BTC】ジェラルド・セレンテ「銀行はビットコインを恐れている」とその理由

銀行はビットコインが怖い?

なぜビットコインが恐れられているのか?

トレンド予測士兼コメンテーターである、ジェラルド・セレンテは、最近のインタビューの中で、「銀行はビットコインを恐れている」と述べています。

トレンド・ジャーナルの出版者であるセレンテ氏はザ・ストリートの中で、銀行がビットコインや仮想通貨がビジネスを横取りするのではないか、という事を恐れている、と語っています。

クールな発言ともとれますが、セレンテ氏は非常に確信を持って述べています。「そこに2つの方法なんて全くないんだ」。

インタビュー中に彼は、JPMorganの次期CEOジャイミー・ディモンのような、ウォール・ストリートで権力を持った人物の発言を引き合いに出しています。。ジェイミー・ディモンとは、仮想通貨空間を大変強く批判し、ビットコインは詐欺であるとも宣言した人物です。 セレント氏は、ビットコインがある限り、そのような攻撃は続くだろうと予測しています。

彼は、インタビューの中でこう言っています。
「銀行は、ビットコインに対してケチをつけるだろう。なぜなら、そのビジネスは、”銀行”を時代遅れなものにするからだ。銀行は、ビットコインを止めるために、ありとあらゆる事を行うだろう。」

一方で、「むしろ私は具体的な投資をしたいので、金に投資する」と述べるセレンテ氏は、一切の仮想通貨も保持していません。彼は、仮想通貨の市場は近い将来、まだ大きく成長する事はないと考えているようです。

「その市場が廃れるとは思っていない。長期的な事はわからないが、しかし見てわかるように価格はいきなり高騰したんだ。」

セレンテ氏は、市場が投機的な原動力に富み、財政と政治両方の既存の構造に変わるものを提供しているため、仮想通貨がこのように注目を集めている、と述べました。

「ビットコインが表しているのは、世界のポピュリストの動きなのだ。民衆は、不正直な政治家や支配的な銀行に操られたくないからね。」
参考URL: https://www.coindesk.com/forecaster-gerald-celente-banks-afraid-bitcoin/

の関連記事

コメントを残す