【BTC】金融庁、11のビットコイン取引所へ営業許可証を発行

金融庁、営業許可証の発行

営業許可制とは…?

日本の金融庁は、11種類のビットコイン取引所に営業許可証を発行しました。

公表では、全ての仮想通貨取引を9月末までに、当局に登録するよう義務づけた支払いサービス法に対する改正案に続く次のアクションを、当局は固めたようです。
4月に通過したこの法律は、ビットコインを法的な支払い方法として確立する事、仮想通貨取引に関するセキュリティのガイドラインの事を含んでいます。

許可制にすることで、サイバーセキュリティ、顧客アカウントの分離、顧客の身元確認等に関することを含んだ仮想通貨取引所に対して、特定の運営要件を課しています。

17の会社が審査中の中、12の会社は取引所を閉めることとなりました。

営業許可を受け取った11の取引所のうちの1つであるコイン(Quoine)は、プレス発表で、「日本国内、そしてグローバル規模で仮想通貨産業の健全な発達」には当局とうまくやっていくことが大切であろう、と述べました。

金融庁の庁官は今週に、取引所と一緒に「適切な市場の成長」に取り組む予定だ、と述べました。

日本は、仮想通貨規則を独特な方法で事前に対策をとってきました。立法者たちは、2014年に起こったビットコイン取引所のMt Goxの悪質な倒産によるものだと以前に述べています。同会社は、顧客の資金を何億も損失させたことで知られています。

今月上旬には、中国はトークンの販売や、イニシャル・コイン・オファリングを含む資金調達に関する方法を一斉に禁止し、取引所はその禁止に伴って国内取引を中止することを明らかにしました。

また、韓国は今日用いられているICOは違法であるとし、取引規則を厳しくしていく方針です。
参考URL: https://www.coindesk.com/japans-finance-regulator-issues-licenses-for-11-bitcoin-exchanges/

の関連記事

コメントを残す