【BTC】大手銀行ゴールドマンサックスがビットコイン事業に参入!?Twitterで検討中と意味深な発言

ゴールドマンサックス、ビットコイン検討中

大手銀行のビットコインに対する見方とは

先日、ウォールストリート街の投資銀行であるゴールドマンサックスがビットコイン取引の開始を重要視している、との報告がありました。そして今日、同社のCEOであるルロイド・ブランクフェイン氏は、ビットコインに対する会社の意向について、「まだ検討中である」とツイッターで発言しています。今後の展開についての言及は一切ありませんでした。

ウォール・ストリート・ジャーナル誌は、ゴールドマンサックスが仮想通貨取引の初期段階に入っている、と昨日報告しています。しかし、同銀行がこれから計画を進めていくのか、については未だ明らかになっていません。

ブランクファイン氏のコメントは、JPモルガンのCEOであるジェイミー・ディモン氏の発言とは対照的です。ディモン氏は、彼の見解として「ビットコインは詐欺である」、と述べています。

モルガン・スタンレーのCEOジェイムズ・ゴーマン氏をはじめ、ブランクフェイン氏のように、他の大手銀行の幹部らは、ビットコインについて前向きな評価を下しています。ゴーマン氏は、ビットコインが「流行以上のものである」、と述べました。

参考URL: https://www.coindesk.com/goldman-sachs-ceo-no-conclusion-bitcoin-yet/

の関連記事

コメントを残す