【BTC】中国地元紙「仮想通貨取引が世界で1番大きな犯罪へと成長している」

新華社新聞が報道していることとは…?

今後の政府の対応

中国の国営報道機関である、新華社通信は、ICOや、違法にトークンを販売する人、そしてビットコイン取引所の停止についての最近の当局の規制について擁護をするような報道をしています。

新華社が伝えているところでは、「今日の世界の法や規制を見渡してみても、仮想通貨取引が1番の大きな犯罪になってきている。今も続いている取引は、科学技術の革新として偽っているが、詐欺行為に値する犯罪活動として知られている」、ということです。

さらに、こうした取引は「鉄の拳をもつ政府」に取り締まられなければいけない、と新華社は言っています。
記事では、当局が9月上旬に、ブロックチェーンのトークンの販売禁止を発表したことについても続けて触れています。資金集めの方法としてのトークンの販売や、取引所の閉鎖は自発的であった、ということ等です。

厳重な取り締まりがあった後ですが、それでもなお、世界的に仮想通貨が取り締まりを受けている事から、当局が規制しなければいけないような「脅威」となるものが多い、と伝えています。

既存の規制をさらに強化すること、また取引量やIDの確認、顧客熟知、資金洗浄に対抗する手順、取引に対するこうした条件を十分に規則に盛り込むことを、今後政府がとるであろう対応、解決策として新華社は述べています。
参考URL: https://www.coindesk.com/china-state-news-calls-for-iron-fist-regulation-of-bitcoin-exchanges/

の関連記事

コメントを残す