【BTC】BTCレートが4,300ドル以上に!?ビットコインは危機を逃れることができたのか?

ビットコインの取引レート

チャートからビットコインの動きを読む

週の初めに弱気な反転が見られ、ビットコインの50日移動平均を下回っていましたが、現在ビットコインの取引レートは高値を記録しています。

コインマーケットキャップによると、1データにつき1.46%も上昇しており、取引価格は米ドルにして4,325ドルだそうです。2日間の売却は今朝失速が見られ4,150ドルの低値だということです。その後のリバウンドでは、50日移動平均の4,187ドルを上回っています。

しかしながら、50日移動平均からのリバウンドは、イベントに対する懸念が大きすぎることをしめしているかのようです。
これはつまり、ビットコインが高値になるよう設定されているのか、それとも強気筋の仕掛けたトラップなのでしょうか?

デイリーチャート

50日移動平均からの持ち直しは、あまり十分ではないようです。BTCは上昇トレンドラインを描く必要があり、その場合には4,700ドルレベルへ持ち直すという見込みが大幅に修正されることになるでしょう。

4時間のチャート

火曜日にゴールデンクロスオーバーが確認されました。今日は、4,150ドルの低値から4325ドルへ持ち直しており、移動平均のクロスオーバーがタイムラグの後に傾く傾向がある、という議論へ信憑性を見せました。

下落傾向のシナリオ

楽観的な根拠はあるものの、ビットコインは未だに危機を脱出していないと考える人もいます。ヘッド・ショルダーパターンへいく可能性もあるので、投資家は上昇トレンドラインによる障害からの失敗を注意深く見ておく必要があるでしょう。

見解

・上昇トレンドライン以上の近くで1日が終わる時は、4,100ドルへ持ち直しが見られるでしょう。
・一方で、上昇トレンドラインをたどることができず、ヘッド・ショルダー・ネックラインを下回ると、4,170ドルの下落が続き、3,870ドルへと下がってしまうでしょう。

参考URL: https://www.coindesk.com/doji-reversal-bitcoin-battles-bears-in-bid-to-stay-above-4000/

の関連記事

コメントを残す