【BTC】5000ドルへ届くか?ビットコインの価格上昇

ビットコインの価格とその理由

デイリーチャートからわかること

ビットコインの価格が、取引量の増大も手伝ってその勢いが失速する前日の晩に、高値の4,875ドルに跳ね上がりました。

ビットコインの取引レートは米ドルにして4800ドルを取り戻すのに12時間もかかりました。ビットコインの価格は、過去24時間でみれば12%の上昇ではありますが、4,770ドルにまで下落しました。週で見ると、価格は10%のアップであり、月で言うと12%も通貨の取引量はアップしています。

ロシアが仮想通貨に対して何らかの制限を設けるかもしれない、また中国のICO禁止の発表にかかわらず、ビットコインは短期間で平静を取り戻してきています。約1ヶ月前までは、ビットコインは2,980ドルにまで下落しましたが、現在は、9月の上旬に記録した5000ドルの高値に4.8%届かない程度の回復を取り戻しているのです。

このような超人的な回復は、中国のICO禁止のニュースが駆け巡ったあとに日本や韓国、香港での取引量が増加したことが関係しているからかもしれません。一周回って、世界中でICOの規制増加の懸念がイーサやイーサに基づいたトークンからビットコインへのお金の流れを引き起こしたかもしれない、という予想まで流れています。

現在、ビットコインは高値の記録を再び破ろうとしています。

1時間ごとのチャート

・弱いシンメトリーな三角形のブレイクダウンがわかるでしょう。
・過去数時間に渡って取引量が下落していることがチャートからわかります。
・ライジングトレンドラインサポートは4700ドルでストップしています。

デイリーチャート

・月曜日に30日平均以上の取引量が見られ、そのため持ち直しが図られました。
・14日のRSIは上昇しており、オーバーボートのテリトリーが不足する事態になっています。
・5日間平均と10日間平均は徐々に上昇を見せており、価格の低下が長期に渡ることはないと捉えてよいでしょう。

見解

4,550ドルから4,500ドルへの低下は、1時間と4時間の間にRSIの買過ぎや弱いブレイクダウンが起こったためと考えられます。また、取引量下落による4,875ドルからの持ち直しは、利益獲得によるために起こったものでしょう。

ビットコインは、7月のパターンに近い形が見られたら、数日以内に5000ドルを再び突破するでしょう。
参考URL: https://www.coindesk.com/5000-reach-bitcoin-falls-back-hitting-5-week-high/

の関連記事

コメントを残す