【BTC】ロシアの銀行がビットコインに関するウェブサイトを閉鎖していく考えを発表

ロシア銀行がウェブサイトのアクセスをブロックする方針

ロシアの仮想通貨に対する考え

ロシアの中央銀行第一補佐官は、同銀行が、ロシア国内で仮想通貨の販売をする対外的なウェブサイトへのアクセスをブロックしていく方針であることを認めました。

火曜日の会議において、Reutersは、こうした措置が提案された理由に、仮想通貨が不当に高いリスクを抱えているからである、と報告しています。

しかし、ロシアの銀行は、そうしたウェブサイトの閉鎖のために裁判所と掛け合わなければいけないでしょう。同銀行が提案した取り締まりは、全ての仮想通貨のデリバティブ(為替や通貨売買の取引法から派生した、新たな金融商品)を扱うウェブサイトに及ぶようです。

ロシアのニュース機関であるTASSは以下のように引用しています。
「我々は、全ての仮想通貨デリバティブがロシアの市場においては消極的な発達因子になると見ており、市場の発達のサポートにはならないだろうと考えている。また、ロシア国民が仮想通貨のような資金を獲得することを促す対外のウェブサイトの閉鎖には、検察庁とも一緒に取り締まっていく。」

ビットコインは資金になり、また高い利益をすぐ生み出すことが出来るため、ピラミッド型のスキームともなり得ます。
そのため、仮想通貨取引ウェブサイトへのアクセス禁止の動きは、数ヶ月前からロシア当局から何回も警告として出されていました。
ロシアの金融庁補佐官は、9月に、仮想通貨による支払いを禁止する規制を今後行うことを述べていました。そして、同月上旬には、ロシア銀行が「中国は支払いに仮想通貨を認めていない上、ICOを禁止している。我々も似たような見解を有している。」と述べたばかりでした。
参考URL: https://www.coindesk.com/russias-central-bank-backs-move-to-block-bitcoin-websites/

の関連記事

コメントを残す