【BTC】JPモルガンのCEOジェームズ・ダイモン氏がまたビットコインを批判

CEOダイモン氏がビットコインを批判

JPモルガンのCEOダイモン氏とは?


アメリカの4大銀行の一つであるJPモルガン・チェースの最高責任者で、アメリカの金融業界として一番に名が上がるほど影響力の大きい人物です。
現に世界で最も影響力のある人物100選にも選ばれており、彼の発言一つで先月ビットコインのレートが落ちたほどです。
それだけビットコインを始めとする仮想通貨に及ぶ影響力も大きいのです。

国際金融協会でビットコインを再批判

 9月12日、米JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモンCEO(写真)は、仮想通貨ビットコインは「詐欺であり、崩壊する」と語った。5月、ビバリーヒルズで撮影(2017年 ロイター/Mike Blake)


先月のカンファレンスで「ビットコインは詐欺だ」と批判し、ニュースに取り上げられるほど物議を醸した記憶はまだ新しいです。
それだけの影響力もあってのせいか、世界のビットコイン保持者は売りに周りレートが大幅に落ちました
多くの著名人から批判されたこともあって、ビットコインに関してはもう言及しないと発表したのですが・・・。
10月13日に行われた国際金融協会において、再度ビットコインを批判しました。

ダイモン氏のビットコイン批判の詳細

if you’re ‘stupid’ enough to buy bitcoin, you’ll pay the price one day「もしビットコインを買う馬鹿ほどの者なら、いつかそれに対しての対価を被ることになる」

先月のカンファレンスと同様にビットコインに対して批判的な発言を行い、海外では話題を生んでいます。
しかし、ダイモン氏の発言には金融業界としてCEOを任されている実業家ならではの見解を含んでおり、決して間違いではありません。
今後も彼の言動に注目していくことになるでしょう。

参考URL: https://www.cnbc.com/2017/10/13/jamie-dimon-says-people-who-buy-bitcoin-are-stupid.html

の関連記事

コメントを残す