【BTC】ブラジル中央銀行総裁がビットコインへ厳しい態度を示す

ブラジル中央銀行のビットコインに対する考え

ブラジル当局、規制へ動くか?

ブラジル中央銀行は、今週初めにビットコインに対して厳しい態度を示しました。 RttNewsによりますと、中央銀行の総裁は、ビットコイン市場における価格の上昇に良い見方を示していない、との事です。ビットコインを他のアプリケーションから分離させることが重要だと述べましたが、仮想通貨を購入する人は、ピラミッド・スキームに投資する人と同じ種類の利益を追い求めていると批判しました。 「ビットコインは何の価値もない金融商品である。彼らがそれを買うのは、のちに価値が出てくると信じているからだ。それは典型的なバブルのようなものであるし、もしくはピラミッド・スキームのようなものだ。」 ピラミッド・スキームとは、商品はあるものの、その商品を使用している実態が見られず、事業者のみしか見られない、というものです。 ブラジル中央銀行の総裁は、そうしたバブルやピラミッド・スキームには興味がないし、また顧客にそうしたものを勧めていく気もない、と述べています。そうした発言は、ブラジル当局が仮想通貨に対しての規制を何かしら考えている、と見て取れます。 参考URL: https://www.coindesk.com/brazil-central-bank-chief-compares-bitcoin-pyramid-scheme/

の関連記事

コメントする