【BTC】米財務省はビットコインの影響力を考慮に入れ硬貨の鋳造をすべきである

仮想通貨の影響力

財務省とMintの直面するであろう課題とは?


新・総括監察官のよるところでは、アメリカ連邦機関は仮想通貨の影響力の大きさを考慮に入れて、硬貨の鋳造をすべきである、とのことです。

10月16日に、総括監察官のエリック・トーソン氏はある文書を発行しています。
それは、仮想通貨に関連した支払い方法について、米造幣局と彫刻局が直面している問題について書いている文書です。これまで、トーソン氏はいかなる問題についても警鐘を鳴らしてきませんでしたが、両機関に対してそのような「技術的進歩」がビジネスモデルに与える長期的な影響を検討するよう、文書上で促しています。

総括監察官のエリック・トーソン氏は、US Mintが直面している問題についてこう述べています。
「加えて、アメリカ造幣局とMintは、代替的な支払い方法や、その他の技術的進歩(インターネット、スマートフォン、バーチャル通貨等)の影響と、それぞれのビジネスモデル、実践力、将来的な消費者の需要を考慮する必要がある。」

その文書によるところでは、米財務省は仮想通貨取引制度に対して、まだ懸念を示しているのみ、とのことです。
参考URL: https://www.coindesk.com/us-mint-consider-bitcoins-impact-says-treasury-inspector-general/

の関連記事

コメントを残す