【ICO】パズドラで有名な会社ガンホー取締役、孫泰蔵、ベンチャーファイナンスを民主化

ICOが将来投資の重要なソースになる?

日本の大富豪であり、ベンチャー投資家の1人が、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)について今週末、こう述べています。「ICOは、将来投資を始める際に、重要なソースになるだろう」。

孫泰蔵、ICOについて語る

孫泰造は、SNBCのThe Singapore Week of Innovation and Technologyに対して、ICOについて以下のように述べました。ICO、いわゆる、ブロックチェーンネットワークをブートストラップするために売られた暗号化されたコインであるが、それが資本にアクセスする際のメジャーな方法になるかもしれない、と言いました。 彼は、このように発表しています。 「ICOがなぜ良いのかというと、ベンチャーキャピタリストのようなプロフェッショナルな人々に対してだけでなく、何か面白い事業を始めたばかりのような個人に対しても、ベンチャーファイナンスを民主化できるからだ。」 孫さんは、パズドラやラグナロクのようなゲームをリリースした日本の大きなゲーム会社である、ガンホーの取締役件創始者ろして知られています。また、早期のスタートアップ支援を行うことに特化した会社である、Mistletoeも設立しています。 日本の公機関が投資モデルに対して新たな規則を作る動きを見せていることから、彼の最近の発言は注目に値するでしょう。 日経によると、金融庁は、国内におけるICOの監視を強化している、とのことです。金融庁は、これまで日本の仮想通貨に対しての規則を改正してきた事を踏まえ、また、ビットコインが支払い方法の一つとして国内で認められるようになれば、進展が見られるようになるでしょう。 参考URL: https://www.coindesk.com/japanese-billionaire-icos-democratize-venture-financing/

の関連記事

コメントする