【NEO】新仮想通貨トークン、中国の懸念が薄れるにつれて、トレーダーを獲得

生活の回復、米ドルに表れる

ネオの現在とは…?

新しい米ドルの取引率は、今日の生活が回復していることへの表れでしょう。 中国を基盤とするとあるプロジェクトとして、ネオ(かつてのアントシェアズ)があります。ネオは、ICOを禁止するという中国当局の規制に対しておそらく最も懸念を示しており、9月4日の取引は40%以上も下落していました。しかし、ネオは現在は復活し、市場が落ち込んでいる中で10%もの利益をあげています。 一般的なブロックチェーンは、スマートな契約実行のためや、C#の言語の利用、ジャバアンドゴーのためにデザインされており、ネオは8月の半ばには58.50ドルの最高額に達し、9月15日に13ドルにまで下落しました。仮想通貨のその後の回復は、2016年に発行されたICOの力となり、均衡を取り戻しました。 週ごとに、ネオは21%ほど上昇し、記録的な高値を更新していますが、過去30日間に渡っては、36%という大幅な低値を記録しています。 取引量は低く、約1ヶ月の平均を下回っています。このように今日見られた前向きな勢いは、維持される必要があるでしょう。なぜなら、価格が上昇することで、投資家の、ネオに対する長期的な存続可能性への信頼も高くなるからです。しかし、持続的な上昇は、自己供給のサイクルに終わる可能性もあります。 価格行動分析家は、今日見られた価格の持ち直しは、短期間で30ドルのレベルにまで広がる可能性を秘めている、と言っています。 急激な下落 下降チャネル、もしくは低下チャネルは、2つの並行かつ下向きに入っている青の斜線間での価格の上げ下げです。上向きのブレイクは、下降トレンドから上昇トレンドへの変化を示唆しています。 ネオのケースを見てみると、下降チャネルの上向きのブレイクは、すでに終わった取引のようです。 14日間の相対力指数は、強気筋のために綺麗な丸みを帯びた線となっています。 上のチャートは、100日移動における平均に沿って、低値の形成も示しています。 見解: ・ネオは、50日移動における平均30ドルのレベルをテストするようです。より高いブレイクは、45ドルの扉を開くこととなるでしょう。 ・下降の局面では、100日移動における平均を下回っている日の終わりのみ、上向きの見方を止めているようです。 参考URL: https://www.coindesk.com/neo-ico-token-wins-traders-china-worries-fade/

の関連記事

コメントする