【ニュース】シンガポール当局、アジアの銀行とブロックチェーンを使用したKYCの実験を行う

シンガポール当局、アジアの銀行とブロックチェーンの開発へ

IDMA、ブロックチェーンについて語る

三つのアジアの銀行と、シンガポール当局は、新たな実証概念を持ったブロックチェーンを開発したとのことです。そのブロックチェーンは、顧客熟知(KYC)プロセスの簡素化を目指して作られました。

OCBC銀行、HSBCシンガポール、そして三菱UFJグループ(MUFJ)は、顧客識別サービスを情報通信メディア開発庁(IDMA)とともに発表しました。IDMAは、市のメディアと情報通信産業を規制している省庁になります。

関係する企業によりますと、その実証概念は今年の2月から5月にかけて計画されたようです。目的は、面倒な紙ベースの業務を完全にデジタル化した業務やアプローチに帰るためです。共有された取引記録を含めることで、銀行は顧客認識ができるようになります。

発表で、 IDMAは、特にシンガポール国内で増えつつあるデジタル経済に対応するために、新たなシステム開発を広い観点からこの実験のサポートをしていく、と述べました。

CEOであるタン・キアット氏は実験について以下のように言っています。
「IMDAは、ビジネスを変化させたり、市民への価値の創造のためにテクノロジーの使用へ大望を持つことを応援していきます。この実験に対する我々の意志は、スマートネーションへのデジタルエコノミーへの夢を達成しようという心意気の現れなのです。我々は、金融機関が生産性の向上のためや顧客へのより良いサービス提供のためにフィンテック・ソリューションを開発することを心から歓迎しています。」

銀行は、実験の結果を見る限りでは、その試験はおおかた上手くいったことを認めています。OpenGov Asiaによりますと、操業中にシステムの稼働時間が長くなってしまったが、改ざんの試みはないと報告しています。

今後も追加のテストを試みているとのことです。日経によりますと、OCBCの代表者は、同グループが大規模な実験を開始するためにどのようにしていくかを模索していく、とのことです。
参考URL: https://www.coindesk.com/asian-consortium-successfully-tests-proof-of-concept-blockchain-kyc-platform/

の関連記事

コメントを残す