【ニュース】マレーシアの国立銀行が仮想通貨禁止を検討中か

マレーシアの銀行が仮想通貨を禁止する…?

マレーシアは仮想通貨をどう見ているのか?

9月4日にマレーシアの国立銀行は、来るべき規制についての会議で、仮想通貨への禁止をすることはないだろう、と語っています。

クアラルンプールでの財政犯罪会議で、国立銀行(BNM)は、国内財政規制として仮想通貨の禁止をするかどうかは、年末直前に決める、と発表しました。

その後の公表で、イブラヒム氏は、マレーシアの最終判断がそれほど深刻になることはないだろう、と述べています。
マレーシアン・インサイトによると彼は以下のように述べています。
「仮想通貨への禁止を、我々は年末までに決めなくてはいけないでしょう。年末前に我々が発行するガイドラインは、売買人の登録データの収集透明性確保等の観点に焦点が当てられることになるでしょう。」

また、「まだ10月なので、3ヶ月以内には詳細を伝えることができると思います。」と言っています。

以前、ビットコインは規制の対象にはならない、と言われていましたが、BNMは9月に実在する仮想通貨に対するガイドラインを作り始める、と発表しました。先月BNMは、ICOと呼ばれる、ブッロクチェーンでのトークンの販売をする人々に警告を発したばかりです。

9月上旬に中国当局が一時的なトークンの販売禁止を発令しましたが、そのすぐ後にBNMは仮想通貨へのガイドラインを作ると発表をしました。当局の規制へのプレッシャーが見られ、先進的な仮想通貨取引ですが、数週間後には取引所は自発的に停止をするかもしれません。
参考URL: https://www.coindesk.com/malaysias-central-bank-is-considering-a-cryptocurrency-ban/

の関連記事

コメントを残す