【ニュース】ロシア大統領プーチン「仮想通貨は危険をもたらす」

プーチン大統領の発言

仮想通貨と規制に関しての彼の立場とは?

ロシアの大統領であるウラジーミル・プーチンは、10月10日の会議で、「仮想通貨が詐欺やマネーロンダリングと関連する重大なリスクをもたらす可能性がある」と述べました。

ロシアの国家報道機関であるTASSによりますと、プーチン大統領は、仮想通貨と広い範囲での財政テックに関して主に発言をしていたようです。仮想通貨取引に関する新規則を支援する考えについて公式発言をした上で、ロシアは仮想通貨に対し規制をする際には、国際的な例を参考に作っていく、と述べました。

消費者保護と、新たな金融商品の開発助長に焦点を向けて、ロシアは規制を作っていくようです。

2015年にもプーチン大統領は仮想通貨についての発言をしています。その際には、「仮想通貨の広範囲の使用には根本的な問題がそこに関わってくるだろう」と述べています。今回の発言では、テクノロジーの向上や生活の一部になっていることを強調した上で、2015年の発言にかぶせて新たなコメントを出した模様です。

プーチン大統領の仮想通貨に対するコメント

「仮想通貨は、人気になってきているし、もうすでにその人気を獲得した。本格的な支払い形態としてその地位を確立し、ある国々では投資資産にもなっている。しかし同時に、仮想通貨は重大なリスクももたらすものである。」

「我々は、皆で連携して、市民、企業、政府の利益を確実に保護し、革新的な金融商品を法的に保障した上で提供することを可能にしてきた国際的な経験に基づいて規制を行っていくべきである。」

と、仮想通貨、そして通貨の規制に関してコメントを残しました。
こうした大統領のコメントは、先日ロシアの中央銀行が、仮想通貨仲介サービスを提供する国外へ向けたウェブサイトをブロックしていく、という公式発言から来るものだと見られています。
参考URL: https://www.coindesk.com/vladimir-putin-cryptocurrency-poses-serious-risks/

の関連記事

コメントを残す