【XRP】リップルの価格持ち直しと上昇

リップル価格上昇

チャートからわかる事とは?

リップルの価格が、昨日0.28ドルにまで上昇しました。仮想通貨の経済指標では、最近の持ち直しはもう終わった、と言われていました。

8月31日には0.26ドルの上昇を見せましたが、広範囲に渡って市場がプレッシャーを受けていたことを考えると、持ち直しは驚くべきことです。リップルの米ドル取引価格は0.27ドルで10.47%もの上昇を見せています。リップルの上昇は、週で見ると33.33%、月ごとに見てみると27%も上昇しています。

それにもかかわらず、リップルのXRPは5月の0.39ドルという高値の記録にまだ届いてはいないようです。そのため最近のリップルの価格の持ち直しは、予想されるリップルの会社の後方に先立って、トレーダーの関心の結果であることが考えられます。もしそうであるならば、仮想通貨は「利益獲得」に対しては脆弱な特徴を持っていることになります。

しかし現在のところ、リップルに対して強気筋が恐れるような事は何もないでしょう。価格行動アナリストによると、仮想通貨は高値を記録するように全て作られている、との事です。

デイリーチャート

デイリーチャートからわかる事
・ラウンディングボトムの形成
・強気のライジングチャンネルがブレイクアウトにあること
・5日間の移動平均と10日間の移動平均は徐々に上昇傾向にあること
・週を通しての取引量増加は強気な価格行動をさらに押し上げている

見解

・RSIの買過ぎのために、短期間でのコンソリデーション、もしくは0.25ドルから0.24ドルへの押し戻しを排除することはできないでしょう。
・リップルは、年末までに8月の高値0.2980ドルとテスト記録の高値0.3988ドルを破るよう設定されている事でしょう。
・5月30日の低値である0.1868ドル以下への下落は、強いラインから弱いラインのトレンドへの変化のシグナルととって良いでしょう。
参考URL: https://www.coindesk.com/new-record-on-the-cards-ripples-xrp-jumps-to-a-7-week-high/

の関連記事

コメントを残す